STEQQI

***日本語訳は下をご覧ください***
“People think we’re a couple but we’re actually business partners. She’s from Vietnam, I’m from Thailand, and we met in university while I was a student and she was working in the admissions office of our campus. At first I was just helping out, making promotional videos for the university when it suddenly hit us–why not do this professionally? So we combined our skills. Together, with my creativity and her business-savvy side, we formed a small digital marketing and production company in this little town called Beppu City. She’s the brains behind the business. I direct and produce promotional video content for Japanese companies that want to market overseas.”

“After graduating from a Japanese university, I went back home to Vietnam with my husband, who’s Japanese. I worked there for a bit but decided to move back to Japan after giving birth to our first child. While working for my alma mater, making PR material for the university, I met this talented student and YouTuber from Thailand, who I never thought I’d team up with, especially since my first impression of him was that he’s always late. But he impressed me with the quality of his videos and he was always helping us produce content. So I returned the favor and started giving him business advice since he wanted to do this professionally. Then we thought, why not launch our own venture! We finally did last year. It’s funny because he’s so young and sometimes Japanese clients don’t believe he’s the president. They would ask to meet the guy whose signature is on our company papers, and I would tell them, you’re looking at him. Although I guess it’s because he sometimes shows up in jeans and T-shirt. They’re always inviting him to speak at events even though I’m the one handling corporate communications and I speak fluent Japanese. I think because they see so much potential and energy in him and that’s what we’re trying to do to Japan’s countryside–giving it some life.”


Bill and Phuong hail from Thailand and Vietnam, respectively. They specialize in commercials, promotional videos and photos, as well as creative content for social media and web marketing for Japanese companies who wish to target overseas markets.

Working mother

“In Japan, the work environment is not very welcoming to working moms. I really want to create an environment that’s more flexible for women. I grew up in Vietnam, where as a kid, I could go to my mom’s office anytime, especially during summer. Of course we couldn’t distract people while they were working, but we were always welcome there if for some reason we couldn’t go to school that day. I’ve never seen that in Japan. You’d have to get someone else to take care of your child at home or somewhere else, but not bring them to the office. Yet they expect you to carry out both responsibilities at home and at work equally, as a mother and employee. That’s why I started my own business, to help change that mindset by setting an example. Because I see so much inequality here in Japan between men and women at the workplace. I also see so much inequality between permanent staff or regular employees and contract workers. Contract workers have very limited chance to become permanent. Plus there’s an age limit restricting them even when they’re really good.”

「よくカップルに間違われるけれど、僕たちはビジネス・パートナーなんだ。彼女の出身はベトナムで、僕はタイ。出会ったのは大学だ。当時の僕は学生で、彼女はキャンパスの入学事務局で働いていた。はじめ僕はそこで大学のPRビデオを作るのを手伝っていた。そして、これを仕事にするのはどうかな?って突然思いついたんだよ。そこで僕たちは、お互いのスキルを活かすことにした。僕にはクリエイティビティが、彼女にはビジネスでの経験がある。そして僕たちは、デジタル・マーケティングと映像制作を行う小さな会社を、別府市という小さな町に作った。経営においては彼女がブレインだ。僕は海外へ市場を広げたい日本の会社向けに、PRビデオの監督・制作を行なっている。」

「日本の大学を卒業してから、日本人の夫とベトナムに戻ったの。故郷で少し仕事をして、1人目の子どもを産み、やっぱり日本に戻ろうと決めた。母校で職を得てその広報に関わっていたとき、タイ出身の才能あふれる学生でありユーチューバーである彼に出会った。彼はいつも遅刻ばかりしている印象しかなかったし、最初は彼と組むなんて思ってもなかった。でも彼の作る映像は素晴らしいものだったし、彼はいつもわたしたちの仕事を手伝ってくれていた。それでお返しに、これを仕事にしたいと思っていた彼にアドバイスをするようになったの。そうしているうちにわたしたちは、自分たちで事業を興してみたいと思うようになった。そしてそれが昨年、実現した。

彼はまだ若いから、日本人の顧客に社長だと信じてもらえないこともあるの。書類のサインの主に会いたいんだけど、と言われることだってある。だからわたしは目の前にいますよって言ってやるの。若さのせいだけじゃなく、彼がTシャツにジーンズというカジュアルな姿で現れることもあるからかもしれない。広報も日本語での対応もわたしが担当しているのに、それでも彼はイベントで話をしてもらえないかってよく頼まれているの。それは、皆が彼に大きなポテンシャルとエネルギーを感じているからだと思う。そしてこれがまさに、わたしたちの目指していることなの。日本の田舎をもっと元気にできたら、と思っているわ。」

「日本の労働環境は、決して働く母親を歓迎してくれるようなものではないわ。女性にとってもっとフレキシブルな環境を創りたいと心から思う。わたしはベトナムで育ったのだけれど、母の職場へはいつだって行くことができた。もちろん仕事の邪魔をすることはできないけれど、何か学校へ行けない理由があって母の職場へ行くようなとき、邪険にされることは決してなかったわ。そういう光景を日本で目にしたことは、一度もない。職場へ連れていくのではなく、家で子どもを見てくれる人を探すか、預かってもらえる場所を手配しないといけない。にも関わらず、家庭と職場の両方で同様に責任を果たすことを期待されている。母親としても、そして従業員としてもね。それでわたしは自分でビジネスを始めることにしたの。自ら一例となることで、考え方を変える助けになりたいと思った。日本で仕事をするにあたって、男女間の不平等はたくさん見てきた。正社員と契約社員間の不平等もたくさん見た。契約社員が正社員になるチャンスは本当に小さなもので、さらに、どんなに仕事が出来たとしても、年齢による制限が存在するのよ。」

【翻訳:Junko Kato Asaumi】

Master of My Fate

**日本語訳は下をご覧ください**
“I’m from Bangladesh. I quit working for my family business to come to Japan. I knew I could do so much more than just sell shoes. Someone once said, ‘You are the captain of your ship and master of your fate.’ That really struck a chord with me. So when I got a scholarship from a Japanese university, I left my stable life in Bangladesh, even though my parents were a bit disappointed. They said, ‘Why Japan? No one speaks English there.’ But I was determined to come here. If I was going to study abroad, it was going to be Japan. Our shoe factories would get a lot of orders from Japanese customers, so I’ve seen their discipline, the quality and their philosophy towards work, which motivated me.

“When I got to Japan, I wanted to do so many things. I wanted to be in the shoes and bags business. I wanted to be a filmmaker. Unfortunately, things didn’t pan out. Finally, I came up with an idea to develop an app that would connect people based on major interests. So someone interested in AI would find another person who’s into the same thing. Of course there were many hurdles to overcome. Finding people and money was the hardest part, especially since I was just a student and didn’t have enough money. But after much hustling and failing, pitching at business contests and launching crowdfunding campaigns, I was able to find an investor and engineers who helped make my ‘social consulting network’ app a reality.

I think if you try something hard, eventually you get some kind of push or support from around you. That’s why I’m grateful to many Japanese people who’ve had my back. I probably couldn’t have done this back home, where imagination is limited.”

(For more on our enterprising interloper’s app, UniTwo, visit www.uni-two.com)

「僕はバングラデシュ出身だ。日本に来るために家業を辞めた。僕には靴を売るほかにもたくさん出来ることがあるはずだと思ったんだ。誰かがかつて言った。『我が運命を決めるのは我なり、我が魂を制するのは我なり』この言葉が僕に大きな影響を与えたんだ。そして僕は日本の大学から奨学金を得て、バングラデシュの安定した生活を後にした。両親は少々落胆していたけどね。『どうして日本なの?英語を話す人なんていやしないのに』と言われたよ。でも、僕はここに来ることを決めた。もし自分がどこかに留学するとしたら、それは日本だったんだ。家業の靴工場では日本人顧客からたくさんの注文を受けていたから、僕は彼らのやり方、クオリティー、そして仕事に対する哲学を目にしてきた。そしてそれらが、僕を突き動かした。

そうして来日した当時、たくさんしてみたいことがあった。靴・バッグ業界に関わりたいと思っていたし、映画製作もしてみたい。でも残念ながら計画はうまくいかなかった。そして最終的に僕は、人々をそれぞれの興味に基づいて結び付けられるようなアプリを開発することを思いついたんだ。例えばAI(人工知能)に興味のある誰かがいたとして、同じようにAIに興味のある他の誰かを探したいと思った時に使えるものだ。もちろん越えるべきハードルはたくさんあった。最も大変なことは、人探しと資金集めだった。特に僕は、充分な資金を持たないただの学生だったからね。大いに奮闘し、失敗もした。ビジネスコンテストに売り込みをかけ、クラウドファンディングを始め、やっとこの『ソーシャル・コンサルティング・ネットワーク』アプリを現実のものにする手伝いをしてくれる投資家とエンジニアを探し出すことができた。

何か大変なことに挑戦するとき、いつかは周りの人たちから後押しやサポートが得られるものだと思う。だから僕は、これまで僕を支えてくれたたくさんの日本人たちに感謝しているんだ。バングラデシュはこの国と違って、なかなか自由に想像力を発揮できない国だ。僕はおそらく、あの国で同じことを成し遂げることはできなかったと思うよ。」

【翻訳;Junko Kato Asaumi
📸 Tim Franklin Photography
_D3S6754.jpg